特許申請の道のり

弁護士の勉強

多くの企業が、特許申請に向けて日々しのぎを削っています。特許を得ることで、独占的な利益を生むことができるからです。もちろん、企業としてではなく、一個人でも特許を申請することは可能です。

Read More

福利厚生のメリット

調べている女性

これから就職、もしくは転職しようと考えている人にとって、福利厚生は職場探しの重要なポイントと言えます。福利厚生は業界、及び各企業で異なっており、内容によっては生活に大きく影響します。

Read More

  • 個人事業主や企業であれば決算申告をする必要があります。しかし、様々な手続きが必要になるので、専門の業者にお任せしましょう。
  • ストックオプションを知る

    顎に手を当てる男性

    ストックオプションは、利用する上で得られるメリットがあります。景気が上昇していけばストックオプションを利用する企業が増えると言われていることもあり、現在各企業が利用を検討している傾向にあります。

    Read More

    決算申告を行なう

    ビルの一角にオフィスがある

    経営者にとって、決算申告は避けては通れない関門です。自身及び自社で決算申告を行なうところも多いですが、最近は税理士に決算申告を依頼する企業が増えてきました。ただ自社で行なった場合経費削減が図れます。

    Read More

    心の健康を保つ

    悩む男性

    心身をしっかり管理していないと、仕事や趣味が十分にできなくなります。自身のストレスを図るのに最適な方法がストレスチェックです。ストレスチェックを行なって、日々の健康管理を図りましょう。

    Read More

    必要な手順

    お礼をする

    特許の申請までには、多くの壁がある。まず、今まで誰も申請しなかった独創的なアイディアが必要である。そしてそれがどの分野にどの程度貢献するかが重要である。つまり、アイディアの新規性と効果が要である。そのようなアイディアを生み出し、その内容や日付をきちんと記録しておくことが重要である。そしてそれが特許申請の価値があると考え、申請を決断したら、次は特許事務所の弁理士などに相談する必要がある。まったく独力で特許申請を行うのは、不可能ではないかもしれないが、非常に困難であるし、書類に不備があると、申請しても却下されてしまう。弁理士は、受理されやすい特許明細や図面の作成の専門家なので、その助言を受けながら、特許申請までを行うと良い。

    特許申請にあたっては、特許事務所への謝礼、出願費用がかかる。その後も、審査請求時と登録時にも費用がかかる。登録されたとしても、その後も、特許権を存続させるために、一定の期間(20年)毎年、費用を支払う必要がある。つまり、それだけの費用(最低でも100万)をかけても、特許申請の価値があるかどうかを十分検討する必要があるのだ。もし存続期間内に商品化されなかったら、その費用と労力は、無駄になってしまう。中小企業や個人では、それが負担となり、特許権を放棄せざるを得ないことが多々ある。3Dプリンターも、日本人が先にアイディアを出していたが、特許を存続できずに、後から出したアメリカに権利を奪われてしまった。画期的で新規性のあるアイディアほど、すぐに商品化は難しいので、特許申請をためらうケースが多いだろう。しかし、そのようなアイディアほど、大きく世の中を変える可能性を秘めている。日本が、知的財産を国家戦略とするなら、特許申請を国で補助し、支援する必要がある。